に投稿

浄水処理とは

私たちは、蛇口をひねれば綺麗な水道水を飲むことができます。水道水を飲んでもお腹を壊さないことが普通だと考えられていますが、しかしこれは全世界の普通ではありません。日本の高度な浄水処理技術があるおかげの普通なのです。この文章では、高度浄水処理について解説していきます。

高度浄水処理とは、カビ臭い匂いや、浄水場で塩素を使うと出てきてしまうトリハロメタンという物質などを取り除き、安全で安心して飲める水を作る技術のことです。

そのおかげで、水道水からは嫌な臭いがなくなり、トリハロメタンという物質もほとんどなくなる上に、病原菌も多く除去できると考えられています。高度浄水処理は、オゾン処理と粒状活性炭処理によって成り立っています。

まず、浄水処理施設でオゾン処理が行われ、その後砂によってろ過されます。さらにオゾン処理したあと、粒状活性炭処理をして、活性炭により臭いの元となる物質を取り除きます。このような処理のおかげで安心安全でおいしい水が水道から飲めるようになるのです。

に投稿

空調設備とは

空調という言葉を一度は聞いたことがあると思います。しかし、そもそも空調設備とはいったいなんなのか。その疑問にお答えします。
空調設備とは、建物の空気の温度、湿度、気流、清浄度、圧力を、その建物の利用目的に沿って最適化する設備です。その建物と目的により、保険用空調設備、産業用空調設備の2つに大別されます。
保険用空調設備とは、オフィスでの冷房や暖房、そして換気など、その建物にいる人々の快適性および健康維持をおこなうことを目的とした空調です。一般的な空調はこちらです。実は、一定の条件を満たす施設では、建築物衛生法という法律により、保険空調の実施時に守らなければならない基準が定められています。
産業用空調設備とは、精密機器の工場のクリーンルームの調整など、産業目的でもちいられている空調です。機械製品は、日常生活では想像できないほど精密に作られています。そのため、機械製品を作る過程では、温度、湿度、清浄度なども正確に管理しなければいけません。

に投稿

エアドライヤーの仕組みについて

エアドライヤーの仕組みは、空気を圧縮機によって大気よりも高い圧力にすることで生じる水分を取り除くものです。エアコンプレッサーなどによって水分を含む空気(水蒸気)等に圧力をかけると、物質どうしが集まるため水滴が発生します。もしこの圧力をかけた危機に水分が入ってしまうと故障の原因になってしまうため、プレート式熱交換機などを用いて水分を除去する必要があるのです。特に外気などの空気を利用する場合は、水分以外にも様々な粒子が含まれていることが多いためフィルターや電気エネルギーなどで除去したりする作業工程を踏むことも多く、どのような交換ドリルにしていくのかを検討していく上で非常に重要な要素といえるでしょう。

に投稿

エアコンの冷房と除湿の違いを知って快適な夏を過ごす

今年の夏も例年異常に気温が上がると予想されていて、熱中症対策は欠かすことが出来ない夏となります。エアコンの機能にある冷房と除湿の違いをしっかりと理解して、快適な夏を過ごすことをおすすめします。冷房は部屋の空気そのものの温度を下げることが主な目的で、除湿は部屋の中の湿度を下げる為の機能です。

真夏に使用するには温度が高くなるので冷房機能を使用して、梅雨の時期などの湿度が高い時には除湿を使用することが大切です。真夏の時期は湿度も高くなりがちですが、除湿運転を上手に使って部屋の中を快適にすると良いです。

重要なのは少しくらい暑くても大丈夫と過信せずに、熱中症対策の為にもエアコンを積極的に使用することです。

に投稿

映像機器を外で使う時には凍結に注意

映像機器を使う仕事についている方も多いですが、使い方を間違えるとデリケートな映像機器はすぐに壊れてしまう恐れもあります。映像機器は外の温度変化では耐えられないこともあるのです。外のロケで映像を撮影することもありますが、あまりにも寒く凍ってしまうところでは映像機器も凍ってしまうこともあります。カメラの内部には、モーターやギアなど多くの部品が入ってますので、それが凍ってしまうと撮影どころではなくなってしまうのです。電源を入れても作動しなかったり、シャッターが下りなかったりします。外で撮影をする時には気温が20度前後のところで使うことをおすすめです。寒い地域で撮影を行う時には、映像機器が凍らないようにヒーターを用意しておくと順調に映像を撮ることができます。特に夜中に気温が下がることが多いので、気を付けて撮影を行うことです。