に投稿

エアドライヤーの仕組みについて

エアドライヤーの仕組みは、空気を圧縮機によって大気よりも高い圧力にすることで生じる水分を取り除くものです。エアコンプレッサーなどによって水分を含む空気(水蒸気)等に圧力をかけると、物質どうしが集まるため水滴が発生します。もしこの圧力をかけた危機に水分が入ってしまうと故障の原因になってしまうため、プレート式熱交換機などを用いて水分を除去する必要があるのです。特に外気などの空気を利用する場合は、水分以外にも様々な粒子が含まれていることが多いためフィルターや電気エネルギーなどで除去したりする作業工程を踏むことも多く、どのような交換ドリルにしていくのかを検討していく上で非常に重要な要素といえるでしょう。

に投稿

エアコンの冷房と除湿の違いを知って快適な夏を過ごす

今年の夏も例年異常に気温が上がると予想されていて、熱中症対策は欠かすことが出来ない夏となります。エアコンの機能にある冷房と除湿の違いをしっかりと理解して、快適な夏を過ごすことをおすすめします。冷房は部屋の空気そのものの温度を下げることが主な目的で、除湿は部屋の中の湿度を下げる為の機能です。

真夏に使用するには温度が高くなるので冷房機能を使用して、梅雨の時期などの湿度が高い時には除湿を使用することが大切です。真夏の時期は湿度も高くなりがちですが、除湿運転を上手に使って部屋の中を快適にすると良いです。

重要なのは少しくらい暑くても大丈夫と過信せずに、熱中症対策の為にもエアコンを積極的に使用することです。

に投稿

映像機器を外で使う時には凍結に注意

映像機器を使う仕事についている方も多いですが、使い方を間違えるとデリケートな映像機器はすぐに壊れてしまう恐れもあります。映像機器は外の温度変化では耐えられないこともあるのです。外のロケで映像を撮影することもありますが、あまりにも寒く凍ってしまうところでは映像機器も凍ってしまうこともあります。カメラの内部には、モーターやギアなど多くの部品が入ってますので、それが凍ってしまうと撮影どころではなくなってしまうのです。電源を入れても作動しなかったり、シャッターが下りなかったりします。外で撮影をする時には気温が20度前後のところで使うことをおすすめです。寒い地域で撮影を行う時には、映像機器が凍らないようにヒーターを用意しておくと順調に映像を撮ることができます。特に夜中に気温が下がることが多いので、気を付けて撮影を行うことです。