に投稿

アルカリ性洗浄液GC-Sでの家庭内の油落とし

GC-Sは油汚れを強力に落とす洗浄液です。

日常生活の中で、どうしても落ちない油汚れに困った経験がある人も多いでしょう。例えば自転車のチェーンを巻き直して、チェーンも本体も油まみれになって苦労する事があります。油汚れは水では綺麗に落ちませんし、一般の洗剤であっても完璧に落とすにはかなりの力と時間が必要です。GC-Sは強力なアルカリ性洗浄液で、工場の機械の油落としに使われています。

通常は業務用ですが市販もされており、この様な自転車汚れもそうですし家電の汚れ落としにも活用されています。業務用の洗浄液と言うと強力で、かつ危険のあるものと思われがちですが、GC-Sは安全性を考慮して作られており、人体に触れる程度では問題ありません。石鹸水程度の使用感なので、家庭内にあって子供が触ると危険、といった事もなく、安心出来ます。また、アルカリ性洗浄液はアルミ製品を腐食させてしまう危険を想起されるかもしれませんが、GC-Sは特殊な製法によりアルミを腐食させません。

これは鉄だから大丈夫だけどこれはアルミだから気を付けないと、と気にしながら使う必要がないという事です。この一つを取っても工業用だけでなく家庭で使われる洗浄液に向いている事が分かると思います。家電や家具以外にも布に付いた油汚れなどを落とす用途にも使われ、一家に一つあるととても便利な油落としと言えるでしょう。GC-Sは陸上自衛隊でも採用されているため、その点でも安心してご利用いただけます。

に投稿

排熱利用によるエコ活動

科学技術の発達に伴い、原子力発電のような大量発電できるものから太陽光など自然エネルギーを活用した発電など様々なものが誕生しました。特に今、注目を集めているのが自然環境を考慮した廃熱利用によるエコ発電です。石油や天然ガスを使用した発電を1次エネルギーと定義するのに対し、工場などで排出される排熱利用は2次エネルギーとされています。ちなみに、熱を利用した発電方法はこれまでも地熱発電などがありました。

排熱利用が注目を集めているのは大規模な1次エネルギーの発電施設よりも圧倒的に安価で導入できることにあります。また、廃熱で発電するには地熱のような高温度が必要かと思われる方も少なくなりません。しかし、実際には比較的低い温度でも発電できる技術が発達しています。小規模の発電であればドライヤーやストーブなど一般家庭で使用している電化製品の発熱を利用しても発電が可能です。

もう1つ、廃熱利用の例として挙げられるのが温水施設です。温水プールなどはごみ焼却場と協力して排熱利用している施設が国内でも多数あります。1次エネルギーによる温度管理よりもコストを抑えることができ最近では介護施設などの浴場にも水温管理の補助として取り入れているケースも増えています。なお、これらのクリーンエネルギーは国や各都道府県も率先的に導入を進めており、企業の導入にも補助金を検討するなどの対応を進めており、今後も利用施設は増えることでしょう。

に投稿

GC-Sは環境に配慮した製品

GC-Sは環境に配慮した製品で、強アルカリ水系でも安全です。

手肌に優しく火傷の心配がないので、石鹸水のように安全に利用できます。GC-Sはヤシ油由来成分が配合されBOD値が低いため、地球環境にも優しいという利点があります。安全性を確保しているので、家庭でも在庫を持てます。一般的な洗剤は植物油か鉱物油に特化した設計を行っている製品が多く、多種に汚れが存在しているような環境だと完全に対応できないケースがあります。

GC-Sは植物油でも鉱物油でも強力に作用して剥離させるので、様々な目的で使用できます。従来のアルカリ性洗浄液は、アルカリ腐食の心配がありあます。GC-Sは強アルカリ性洗浄液ですが、アルミに対するアルカリ腐食の心配がないです。厨房の分厚い油汚れは頑固で落ちにくいという問題がありますが、完全に汚れを落とせます。衣類の頑固な汚れや食品工場内のダクト内の汚れも洗浄できます。

食品工場用のダクト内には、油汚れがこびりつき堆積します。GC-Sなら他の洗浄液や洗浄方法では落ちない状態でも、スチームクリーナーの併用できれいに汚れを落とします。オイルチューナーのメンテナンスは手間がかかりますが、短時間で汚れが落とせるので消費電力の節約につながります。衣類に付着した血液の汚れも、5倍の希釈液をスプレーしてブラシで軽くこすれば跡がわからないほどきれいになります。4つの菌種に対しても、原液を使って30秒で殺菌し得ると確認されています。

に投稿

マルチサイクロンで除くもの

水の中に溜まった汚れを分離して取り除くことができるマルチサイクロンという機器があります。この機器には複数のサイクロン備わっています。マルチサイクロンの仕組はどうなっているでしょう。汚れを含んだ水を入れるとサイクロン部分に流れ込みます。

複数のサイクロンが非常に激しく回わって遠心力が発生して、水の中に溜まった汚れが分離されます。分離された汚染物質は下の方へいき、浄化された水と分別されるというわけです。下部に透明な専用タンクがついていますから、汚染物質を確認することができます。全ての物質をサイクロン内で分離できるというわけではないです。

分離することができるサイズは限られています。ろ過などを併せて行えば分離できるかもしれませまん。マルチサイクロンが活躍する所はどんな所でしょうか。化学製品を造る工場や食品を製造する工場、さらに金属を加工する工場などで重宝します。

製造現場では複数の汚れが混ざっていますが、特定の汚染物質のみを除去する作業がよく行われます。木の破片や金属の粉を取り除く作業です。それを手で行うとなれば膨大な時間がかかるでしょう。マルチサイクロンを使用すれば短時間で取り除けます。

製造現場だけでなく、汚水処理場や汚泥処理場でもマルチサイクロンは活躍します。汚水や汚泥には色々な汚染物質が存在しているでしょう。砂ろ過処理を行う前に、サイクロンに通して分離処理してください。水質が良くなります。

に投稿

温度計の種類

私達が普段使っている温度計には様々な種類があります。この記事ではそれを紹介していきます。
ガラス温度計には、水銀温度計とアルコール温度計があります。
水銀温度計は、熱を加えると体積が大きくなるという水銀の性質を用いた温度計です。
アルコール温度計は、温度が上昇すると、アルコールの体積が大きくなるという性質を用いた温度計です。
バイメタル式温度計は、2種類の熱膨張率の違う金属を合わせたものを用いて、温度変化により、中の金属が伸縮し、中心にある針が回転するという仕組みの温度計です。
電気式温度計には、デジタル温度計と熱電対温度計があります。
デジタル温度計は、温度により電気抵抗が変化する性質を用いた温度計です。
熱電対温度計は、2つの違う種類の金属を接続し、その2つの接点に、温度差が生まれることにより発生する電流を測り、温度値に変換するという仕組みの温度計です。
放射温度計は、物体から放射される赤外線を測り、温度を測る温度計です。

に投稿

浄水処理とは

私たちは、蛇口をひねれば綺麗な水道水を飲むことができます。水道水を飲んでもお腹を壊さないことが普通だと考えられていますが、しかしこれは全世界の普通ではありません。日本の高度な浄水処理技術があるおかげの普通なのです。この文章では、高度浄水処理について解説していきます。

高度浄水処理とは、カビ臭い匂いや、浄水場で塩素を使うと出てきてしまうトリハロメタンという物質などを取り除き、安全で安心して飲める水を作る技術のことです。

そのおかげで、水道水からは嫌な臭いがなくなり、トリハロメタンという物質もほとんどなくなる上に、病原菌も多く除去できると考えられています。高度浄水処理は、オゾン処理と粒状活性炭処理によって成り立っています。

まず、浄水処理施設でオゾン処理が行われ、その後砂によってろ過されます。さらにオゾン処理したあと、粒状活性炭処理をして、活性炭により臭いの元となる物質を取り除きます。このような処理のおかげで安心安全でおいしい水が水道から飲めるようになるのです。

に投稿

空調設備とは

空調という言葉を一度は聞いたことがあると思います。しかし、そもそも空調設備とはいったいなんなのか。その疑問にお答えします。
空調設備とは、建物の空気の温度、湿度、気流、清浄度、圧力を、その建物の利用目的に沿って最適化する設備です。その建物と目的により、保険用空調設備、産業用空調設備の2つに大別されます。
保険用空調設備とは、オフィスでの冷房や暖房、そして換気など、その建物にいる人々の快適性および健康維持をおこなうことを目的とした空調です。一般的な空調はこちらです。実は、一定の条件を満たす施設では、建築物衛生法という法律により、保険空調の実施時に守らなければならない基準が定められています。
産業用空調設備とは、精密機器の工場のクリーンルームの調整など、産業目的でもちいられている空調です。機械製品は、日常生活では想像できないほど精密に作られています。そのため、機械製品を作る過程では、温度、湿度、清浄度なども正確に管理しなければいけません。

に投稿

エアドライヤーの仕組みについて

エアドライヤーの仕組みは、空気を圧縮機によって大気よりも高い圧力にすることで生じる水分を取り除くものです。エアコンプレッサーなどによって水分を含む空気(水蒸気)等に圧力をかけると、物質どうしが集まるため水滴が発生します。もしこの圧力をかけた危機に水分が入ってしまうと故障の原因になってしまうため、プレート式熱交換機などを用いて水分を除去する必要があるのです。特に外気などの空気を利用する場合は、水分以外にも様々な粒子が含まれていることが多いためフィルターや電気エネルギーなどで除去したりする作業工程を踏むことも多く、どのような交換ドリルにしていくのかを検討していく上で非常に重要な要素といえるでしょう。

に投稿

エアコンの冷房と除湿の違いを知って快適な夏を過ごす

今年の夏も例年異常に気温が上がると予想されていて、熱中症対策は欠かすことが出来ない夏となります。エアコンの機能にある冷房と除湿の違いをしっかりと理解して、快適な夏を過ごすことをおすすめします。冷房は部屋の空気そのものの温度を下げることが主な目的で、除湿は部屋の中の湿度を下げる為の機能です。

真夏に使用するには温度が高くなるので冷房機能を使用して、梅雨の時期などの湿度が高い時には除湿を使用することが大切です。真夏の時期は湿度も高くなりがちですが、除湿運転を上手に使って部屋の中を快適にすると良いです。

重要なのは少しくらい暑くても大丈夫と過信せずに、熱中症対策の為にもエアコンを積極的に使用することです。

に投稿

映像機器を外で使う時には凍結に注意

映像機器を使う仕事についている方も多いですが、使い方を間違えるとデリケートな映像機器はすぐに壊れてしまう恐れもあります。映像機器は外の温度変化では耐えられないこともあるのです。外のロケで映像を撮影することもありますが、あまりにも寒く凍ってしまうところでは映像機器も凍ってしまうこともあります。カメラの内部には、モーターやギアなど多くの部品が入ってますので、それが凍ってしまうと撮影どころではなくなってしまうのです。電源を入れても作動しなかったり、シャッターが下りなかったりします。外で撮影をする時には気温が20度前後のところで使うことをおすすめです。寒い地域で撮影を行う時には、映像機器が凍らないようにヒーターを用意しておくと順調に映像を撮ることができます。特に夜中に気温が下がることが多いので、気を付けて撮影を行うことです。